読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GWはどうですか

おはようございます

ブログ、いつの間にか前の記事から1年経っててウケたので、書く。 最近、家でパソコンをあまりいじらなくなって、Androidタブレットばかりいじっている。なぜかというとXperia Z4 Tabletが結構最高で、あと、タブレットでだいたい事足りるからだ。(ITリテラシーが低いのでそれで事足りることしかできない)

タブレット、何をするのかというと、8割は漫画を読んでいる。最近は、BookWalkerの還元率の高いセールのときに数万円単位で買い込んで読み崩すということを繰り返している。マンガワンとか、ニコニコ漫画とか、そういう連載系の漫画アプリも見る。ほかはだいたいコンテンツがよくないので見なくなった。ガンガンオンラインも、くろは先生とカサイ先生の連載がなくなったので、開いていない。最近読んだ漫画の感想とか書こうかと思ったけど、基本的に人に薦める以外の目的で漫画について語るの苦手なことに最近気づいたので、気が向いた時にだけ書く。(読んでいるのがだいたい広く知られているものばかりなので、わざわざ人に薦めるものでもない)

1.5割くらいは動画を見ていて、dアニメストアとか、アマゾンプライムとか、そういうのでアニメとか映画を見る。脳みそがグズグズになっているときは、ユーチューブを見ている。ユーチューブは最高で、好きな動画を選んで再生できる。何を見ているのかというと、猫の動画か、猫以外の動物の動画か、なんかおすすめに流れてくる毒にも薬にもならない動画だ。ユーチューブを開いているときは、脳みそがグズグズになっているときなので、だいたいどんな動画が流れてきても思考停止して眺めることができて便利。そういうときに、好きなことで生きていく人たちの動画を見ると、スッと入ってくる。好きなことで生きていく人たちの動画は適度に低刺激で、承も転も結も弱いけど、起だけちょっと気になる感じの題材をもってくるみたいな感じなので、その低刺激感が脳みそがグズグズのときにちょうど良いんじゃないかと思う。そういうときはもう一日がおしまいなので、早く寝て、明日もがんばろう。

残り0.5割はなんかツイッターとかそういういろいろだ。ツイッター、最近あんまり見なくなって、理由はいくつかあるんだけど、一番の理由はテレビの実況しなくなったことだと思う。実況しないのは、なんかだいたいの作品を最速で見れてすぐに感想をアウトプットできるという感覚値でネットで生きると感覚器狂う気がしたという理由が0.02%くらいで、残り99.98%が、まあ仕事とかいろんな理由でアニメをリアルタイムで見なくなったからだ。実況しなくなったらとにかくなにもつぶやくきっかけがないんだなみたいなことに気づいて、まあ別にそれはそれでいいんだけど、なんかまあそっかぁと思った。

漫画、なんか最近とにかく慌ただしくて描く感じにならなかったけど、なんか描けるような機運になってきたので、とにかく低コスト(労力の話)で描けないかなといろいろ考えていて、考えるだけ無駄というかいいから描けみたいな結論がちょうど出たところだった。ありがとうございます。めんどくさいです。

今日の欲しい物リスト

5月のブログ

ブログ、作ったはいいけど、地味に忙しかったのとブログはめんどくさいなみたいな気持ちがあったので書かなかった。ゴールデンウィークになったので、最近感銘を受けたことについて書くことにした。

NARUTO

いまだにナルトアプリで毎日1話ずつ読み続けている。本当に面白くてすごい、特にキャラクター作りと漫画がうまいというところがすごい。いま175話なので、だいたい半年くらい経った。一日1話更新というスタイルは、正直言って途中からめんどくさくなって読むのやめそうだなと思ったけど、電車とかで読むのにちょうどいいペースだったので、実は最高だった。ただし、同じようなことを数作品並列でやられたら、すべては続かないので、多くて3作くらいかなみたいな気持ちがある。ものによるよね。

ワールドトリガー

去年あたりからジャンプを毎週買うようになったので、現行連載の人気漫画を一気に読もうみたいな思いがあって去年一気に買った。これはすごい面白くて、ゲームのような戦闘システムを無理なく作品に適応させたのがとても上手いと思った。敵(ネイバー)との闘いだと、味方はいくらでも死ねる(ベイルアウトできる)が、敗北したら世界がヤバイという緊張感はありつつ、味方同士の闘いでは、いくらでも死ねる設定でうまいこと模擬戦ができる。実戦と模擬戦でほぼ同じシステムを使っているので、模擬戦が茶番化しないというところが良い。

ヒーローアカデミア

前作は読んでいなかったが、この人は非常に漫画がうまくて、1話目でとても衝撃を受けた。正直言って設定がものすごく陳腐なんだけど、むしろこの設定でこれだけ面白い漫画出してくるのすごいパワーだなと思った。パターンとして、非力な主人公が力を手に入れる話ではあるんだけど、主人公が選ばれた理由が運命とか素養ではなく、ただ単に主人公の精神性であるところが良くて、だからこそこの主人公はどれだけみっともなくてもヒーローだよなと思えて最高っぽかった。最近は、時代柄なのか、才能とか力を持たざるものが主人公の話が多いと思っていて、それはジャンプも同じで、ワールドトリガーの三雲くんとか火の丸相撲の潮くんとかもそうだなという感じがする。そういうの好きなので良いと思う。

銃夢

なんか機会があったのでシリーズを一気読みした。浪漫重視のSFっぽい感じがすごい良かった

少女ファイト

一気読みした。面白い。バレー、他の球技以上に「一人じゃできない」スポーツなので、人間関係描くのにとても強烈な題材だなと思った。(バレーが一人じゃできないってセリフ、ハイキューのセリフだが)

ハイキュー

バレー最高かと思った。日向と影山しかできない"必殺技"の作り方が絶妙ですごい面白い。あと、画面作りがカッコイイ。

伊藤潤二

なんか思い立って短篇集とかいくつか読んでるうちに唐突に強烈に飽きた。

アニメ

最近見た中では、強烈に面白いというのはなかった気がする。うーん、どうだろうか。

総括

ジャンプの話ばっかだった。

ブログ

ツイッターが140文字しか書けなくて、性能が低いからブログ作った。

前のブログもあるけど、大人になったからエキサイトブログではエキサイトできなくなった。

このブログを通して、インターネットの向こう側にいるみなさんと少しでも繋がれたらいいな、と思っています。